本文

鹿児島県

お知らせ

■タマネギの追肥に千代田化成!(2016.12.27)

サッと溶ける中性肥料! そさい用千代田化成 550

※チラシを印刷したい方は下記をクリック!!
PDFのダウンロードはこちら

■ハイスターFで栄養まんてん!!連作障害の克服に技あり!”ハイスターF”(2016.10.18)

ハイスターFで栄養まんてん!!連作障害の克服に技あり!”ハイスターF”

今回は、微量要素を豊富に含んだ、ハイスターFを紹介です。

ハイスターFは、カルシウム、鉄、ケイ酸などの他、各種微量要素を含んだ画期的な資材です。

  • 完熟堆肥を投入する場面が減った。
  • 作物が病気に弱くなってしまった。
  • 最近欠乏症のような症状が時々みられるようになった。

これらは連作障害かもしれません!!!

『連作の時こそハイスターF』と題しまして

ハイスターF
  • 連作をすると作物が根腐れ、芯腐れ、ふち腐れなどの症状が現れる!
  • 連作をすると作物の葉が勢いなく黄色くなってしまう!

こうした悩みをハイスターFで解決していきましょう。

なんと言っても、この肥料の特徴はこれ・・・


ハイスターFは

使用方法と施肥量

☆施肥量は土壌条件等に応じて加減してください。1袋=20kg

ハイスターFは作物の生育促進と病害虫抵抗性の向上を促す効果もあり品質向上や増収につながります。

お買い求め、お問い合わせは最寄りの販売店に!

詳しい情報が知りたい方はこちらをクリック!

http://www.asahikako.co.jp/product01.php

使用事例を知りたい方はこちらをクリック!

http://www.asahikako.co.jp/example02.php


■オクラの追肥に最適!!シリーズ”千代田化成”(3)(2015.04.08)お問い合せはこちら

オクラの追肥に最適!!シリーズ”千代田化成”(3)

オクラ
千代田化成

皆さん、こんにちは!

4月に入り、暖かい日が多くなり過ごしやすくなりましたね。

シリーズ 千代田化成!!第三弾!!

だいぶサボっておりました。すみません・・・。

第三弾は、もう既に使っている方もいらっしゃると思いますが、
オクラの追肥に最適な千代田化成の使い方をご紹介します。

鹿児島では3月からトンネル栽培の種植えが始まっております。

早いところで、5月のGW明けには収穫が始まるようです!

シリーズ第3回目は

「オクラ追肥にやっぱ千代田」

と題して、


千代田化成がオクラ追肥に良い訳は!?リン酸2アンモンと硫酸カリがベースの中性肥料です。だから…窒素と同時にリン酸も吸収!

●高品質なオクラを栽培するために千代田化成は最適!! (1)長期採りのコツは『リン酸』を効率よく吸収させること!! (2)さらに『硫酸カリ』が食感を良くします!! ●猛暑の夏でも千代田化成は少量の水分で溶ける!! (1)良い肥料でも水に溶けないと効きません。 (2)雨が少ない時期だからこそ千代田化成を

収穫が始まったら即追肥! ☆施肥量と間隔は生育や収量・土壌条件等に応じて加減してください。 〜定期追肥〜 千代田化成を1回あたり15〜20kg/10a 施肥間隔は20〜25日がめやすです。

オクラの花

千代田化成の良さをまずは知っていただきたいと思います。

お買い求めは各販売店にお問い合わせください。

詳しい情報が知りたい方はこちらをクリック!

http://www.sunagro.co.jp/series/list/index

では、シリーズ”千代田化成”(4)をお楽しみに!!


■マルチを張った後にも使える!!シリーズ”千代田化成”(2)
『マルチを張った後にも”千代田化成”』(2014.10.22)お問い合せはこちら

マルチを張った後にも使える!!シリーズ”千代田化成”(2)『マルチを張った後にも”千代田化成”』

皆さん、こんにちは!

10月に入り、少しずつ気温が下がってきています。

シリーズ 千代田化成!!第二弾!!

千代田化成には、一般の化成肥料では真似出来ない特徴を多く持っています。

第二弾は、『拡散性』です。

千代田化成の横方向への拡散性は他の肥料と比べると面積で約4倍広がります。(チッ素成分の場合)


シリーズ第2回目は

『マルチを張った後にも千代田化成』と題して、●追肥をしないと不安になってしまう。●マルチを張った後の追肥が難しい。

こんな悩みを千代田化成で解決しましょう!

千代田化成


なんと言っても、この肥料の特徴はこれ・・・

千代田化成は拡散性に優れる!!

広い根域まで浸透!!肥効のムラが出にくい!!他肥料と比べ面積で4倍広がる!!だから,しっかり効く!!畆間施肥で十分広がる

また、畆間だけでなくこんな使い方も出来ます!!

千代田化成は、少量の水分で溶けるから

マルチの上から追肥ができる!!素早く溶けてホールから浸透!!@マルチ植えのタマネギAポーラスをマルチ上に散布するBマルチ上に広がる千代田ポーラスC施肥後の降雨ですばやく溶けるD植え穴から水に溶け浸入E肥料成分が根圏に拡散

詳しくはこちら・・・

http://www.sunagro.co.jp/info/list/index 『高原レタスに千代田化成』をご覧下さい。

動画が見れる方はこちら・・・

http://www.sunagro.co.jp/video.html 『早生タマネギの追肥に千代田化成』をご覧下さい。

千代田化成の良さをまずは知っていただきたいと思います。

お買い求めは各販売店にお問い合わせください。

詳しい情報が知りたい方はこちらをクリック!

http://www.sunagro.co.jp/catalog/technology_detail/index/seriesID/2

では、シリーズ ”千代田化成”(3)をお楽しみに!!


■こんなに使える!!シリーズ”千代田化成”(1)(2014.08.05)お問い合せはこちら

こんなに使える!!シリーズ”千代田化成”(1)「雨が少ない時こそ”千代田化成”」

太陽のイラスト

皆さん、こんにちは!

毎日毎日暑い日が続き夏バテしていませんか?

今回から始める シリーズ 千代田化成!!

千代田化成には、一般の化成肥料では真似出来ない特徴を多く持っています。

その一つ一つをシリーズ化し、お伝えしたいと思います。


シリーズ第1回目は『雨が少ない時にこそ千代田化成』と題して、降水量が少なく、●晴天続きで肥料をやりたくてもやれない! ●化成肥料が溶けるか心配! こんな悩みを千代田化成で解決しましょう!

なんと言っても、この肥料の特徴は・・・

千代田化成は少ない水分でも、はやく溶ける 朝露にも簡単に溶ける!! 空気中の湿気にも溶ける!! ビックリするくらい簡単に溶ける!! だからはやく効く!!

この時期は雨が少なく、作物も”夏バテ?”ぎみだと思います。

そんな時こそ、人も作物も栄養をつけさせてお互いに夏を乗り越えていきましょう!!

千代田化成の写真

詳しい情報が知りたい方はこちらをクリック!

http://www.sunagro.co.jp/catalog/technology_detail/index/seriesID/2

では、シリーズ ”千代田化成”(2)をお楽しみに!!


■「冷夏」でも「暑夏」でも千代田化成でらくらくのりこえる!(2014.06.01)お問い合せはこちら

冷夏になるかな?!元肥減らしちゃったな↓↓温暖化だし、やっぱり暑くなって肥料切れになったらどうしよう!!そんな悩みは千代田化成にお任せ!! 高温障害は千代田化成でらくらくのりこえる くず米少なく収量アップ!

今年は近年にないエルニーニョ現象の発生により「冷夏」が巷では騒がれていますね。

本当に「冷夏」になるかもしれませんね。でも、昨年同様に猛暑になるかもしれませんね。

すでに「冷夏対策」をされた方でも、千代田化成を持っていれば「不安・迷い」は一掃されるはずです!!


【高温障害とは!?】

水稲の高温障害は、登熟期の高温により米粒のデンプン蓄積が停滞し、
米粒の品質が低下する障害です。

【主な原因は!?】

@出穂後20日間において、日平均気温27℃越え

A生育後半の肥料切れ

B登熟期の水不足(早期落水が生育後半に稲体の活力を凋落させる)

【その他原因は!?】

@水稲施肥量の減肥

A地力チッソの早期発現

B高齢化による水稲管理不足

C土づくり資材の投入不足

【主な対策は!?】

様々な対策がありますが、九州日紅がお薦めする対策はこれ!!


水口から流すだけの らくらく施肥法

千代田化成の流し肥で白未熟粒の減少を!

【特徴】

@田んぼに入らず施肥できます。

A優れた拡散性で圃場全体にムラが少なく施用できます。

B土壌吸着性に優れた『ポーラス肥料』を使用するので地下水や河川を汚しません。

C大規模な圃場でも生育を見ながら適量の施肥が可能です。

【施肥時期と効果】

穂 肥 もみ数の減少防止と後半の草勢維持を確保します。 施肥時期8/上旬 10k/10a
実 肥 登熟期の栄養不足の解消と灌水による生育の凋落を抑制します。 施肥時期8/下旬 5k/10a

【施肥方法】

詳しくはサンアグロ株式会社ホームページよりご覧ください。

HPアドレス:http://www.sunagro.co.jp/html/rakuraku.html

又は
 サンアグロ らくらく施肥  で検索!

■トビイロウンカ注意!(2013.09.04)お問い合せはこちら

トビイロウンカ注意!
(防除薬剤) (使用量) (使用時期) (本剤の使用回数)
(粉剤)
アプロードバッサDL 3〜4kg/10a 収穫7日前まで 4回以内
トレボンDL 3〜4kg/10a 収穫7日前まで 3回以内
アルバリンDL 3kg/10a 収穫7日前まで 3回以内
(液剤)
アプロードFL 1,000倍・
60〜150L/10a
収穫7日前まで 4回以内
アプロードスタークルゾル 1,000倍
60〜150L/10a
収穫7日前まで 3回以内
アルバリン顆粒水 3,000倍
60〜150L/10a
収穫7日前まで 3回以内

※中〜晩生品種は、収穫期まで期間が長いので坪枯れ発生に注意する。
※粉剤・液剤を使用する場合は薬剤が株元に届くように散布する。

■フェニックス顆粒水和剤(2012.07.30)お問い合せはこちら

フェニックス顆粒水和剤
作物名 適用害虫名 希釈倍数 使用液量 使用時期
かんしょ ハスモンヨトウ 2,000〜6,000倍 100〜300L/10a 収穫前日まで
ナカジロシタバ 2,000倍

※平成24年7月25日、ハスモンヨトウの希釈倍数が【2,000倍】から【2,000〜6,000倍】に登録変更になりました。

フェニックス顆粒水和剤
■緑のカーテン!今夏も、ゴーヤ始まりました(2012.05.07)お問い合せはこちら

緑のカーテン
緑のカーテン

夏になると最近良く見かけるようになりました緑のカーテン!!今年も、定植の時期がきました。

ゴーヤを窓の外のネットに這わせることで、夏の強い日差しを和らげ室温温度の上昇を抑える効果があります。

また、植物の働きで、CO2(二酸化炭素)削減にもなります。

また収穫した果実はビタミンCなど栄養素を多く含み健康的でおいしく食べれます。

緑のカーテンは、エコ的で食べる事もできてお得です。昨年失敗した方も再チャレンジ!
是非、試してみませんか?

☆準備するもの☆

  • ゴーヤ(ニガウリ)の苗←購入したポット苗の方が育てやすい
  • 土及び肥料(元肥・追肥)
  • ツルをはわせるネット(作る大きさにあった園芸ネット)
  • ジョウロ、スコップ

●土、肥料(元肥・追肥)
  商品名 特長
活力K1 原料は、加熱殺菌した土壌にココナッツピートを適量配合して必要な肥料成分を加え製造した保水性の良い土です。肥料分として、千代田化成が入っているので根の活着もいいです。
肥料 元肥 アミノフミン有機754 N:7-P:5-K:4 苦土:2
魚粕・アミノ酸・腐食酸入り配合 有機66%
天然腐食酸による土壌改良効果による肥料の効率的な吸収が期待できます。
追肥 千代田化成P550 N:15-P:15-K:10
植物に、はやく効き拡散性に優れ肥効のムラが出にくく、肥料ヤケをおこしにくい肥料です。

(残ったアミノフミン有機754・千代田化成は他の夏野菜にも元肥・追肥としてご使用頂けます。)

【緑のカーテンの作り方】
  1. 今回、活力K1の袋をプランター替わりに使います。
    (プランターに入れなおしても構いません)
  2. 袋の底面に数ヶ所、根ぐされしないように水がぬける為の穴を開けます。
  3. 袋の上部を切り、中にアミノフミン有機754を100gほど元肥として混ぜ合わせる。
  4. 購入したゴーヤ(ニガウリ)の苗を根が傷つけないように優しく植えます。
  5. つるが巻きつけるようにネットを張ります。
  6. 【ポイント】
    本葉が5〜7枚になったら、親づるの先を2〜3cm切ります。子づる・孫づるを増やし広げます。

    つるが巻きつくように、ネットに誘引します。
    その際、おうぎ型に伸びていくように余裕をもたせて結びます。
  7. 2週間に1回、千代田化成P550を株元に追肥します。

※土が乾燥しないように水をたっぷりあげて下さい

緑のカーテンの完成
■千代田(2011.11.04)お問い合せはこちら

日頃より、千代田化成をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

皆様が安心して良い作物ができるよう、こだわりを持った商品にて、ご協力できればと思っています。

今後とも、ご愛顧のほどよろしくお願い致します。


実エンドウ(樹勢維持・収量品質向上)
⇒ 収穫開始より7〜10日ごと追肥(20kg/10a)
ブドウ(樹勢回復)
⇒ 収穫後(20〜40kg/10a)
キヌサヤエンドウ(樹勢維持・収量品質向上)
⇒ 収穫開始より追肥(40〜60kg/10a)
カンキツ(樹勢維持・収量品質向上)
⇒ 花肥(20〜40kg/10a)(果実の肥大促進)
⇒ 春肥(20〜40kg/10a)(春葉の緑化促進)
⇒ お礼肥(20〜40kg/10a)
ソラマメ(樹勢維持・収量品質向上)
⇒ 収穫開始より10〜14日ごと追肥(20〜40kg/10a)
らっきょう(収量品質向上)
⇒ 第1回追肥 10月下旬(20kg/10a)
⇒ 第2回追肥 11月下旬(20kg/10a)
⇒ 第3回追肥 12月下旬(20kg/10a)
高菜(収量品質向上)
⇒ 1回目追肥 本葉6〜7枚の頃(20〜40kg/10a)
⇒ 2回目追肥 収穫20日前頃(20〜40kg/10a)
玉ネギ(肥大促進・玉揃い品質向上)
⇒ 1月・3月頃 生育をみて追肥(20kg/10a)
イチゴ(樹勢維持・収量増加・品質向上)
⇒ 1番果肥大期から定期追肥 灌水追肥(5kg/10a)
■キャベツ&ハクサイ定植後(2011.11.04)お問い合せはこちら

使用方法
ファイト・カル 農薬
・500〜1.000倍に希釈して葉面散布。
(10a当たり100〜400L目安)
混用OK
・各商品の希釈倍数で散布。
注)農薬は混用可能ですが浸透剤加用で薬害発生の恐れのある農薬(アジキシストロビン剤・クレソキシムメチル剤・フルジオキソニル剤・ポスカリド剤等)、無機銅剤との混用は避けて下さい。またホルモン剤、液肥類との混用は避けて下さい。

商品の詳しい内容はこちらへ »(株)ファイトクロームのページへ

■速報!暑い夏、田んぼでの追肥作業の新提案(2011.07.21)お問い合せはこちら

田んぼでの追肥作業の新提案
田んぼでの追肥作業の新提案
■オクラ栽培に!(2011.06.27)お問い合せはこちら

オクラ栽培に!

☆千代田化成による定期追肥

  1. 収穫開始期から定期追肥を行ないます。(10〜14日間隔)
  2. 千代田化成はサッと水に溶けますから潅水を兼ねての液肥施用が可能です。
  3. 1回の施肥量は、20Kg/10aを目安に施用します。
  4. チッ素の流亡が少ないので極めて経済的で効率の良い肥料です。
  5. リン酸の効果には定評があります。根の伸長を促進し、品質を高めます。
  6. 加里は100%硫酸加里を使用していますから土壌を酸性化しません。

※追肥の量と間隔は生育や収量、土壌条件等によって適宜加減(調整)してください。

千代田
●樹勢が強く、花芽が少なかったり止まらないときには!

体内に余っているチッ素を光合成で消化させます。さらにリンカリを与えると花を多くつけるようになります。


■2月からの主な作物への千代田化成施肥について(2011.01.20)お問い合せはこちら

千代田
千代田化成

一般の化成肥料と全く異なりポーラス状でとにかく溶けて速効性です。

拡散性があり肥料成分が無駄なく作物に吸収されるのです。

中性肥料なので土壌を荒らしません。

≪水稲・野菜・果樹類の元肥・追肥・すべてに最適です≫

  • 作物の生育促進
  • 作物の品質向上
  • 弱った作物の樹勢回復
  • 低温時に作物に効かせる肥料 など・・・

ファイン千代田
ファイン千代田

溶かして使用するには、ファイン千代田が最適!!

  • 通常銘柄より粉状で溶けやすい
  • 成分が1袋で液肥の2缶分でコスト削減
  • 尿素・塩化加里を使ってないのでハウスでのガス障害の心配はありません

◎千代田化成は、他の化成肥料より作物にすぐ効き元気にさせるので収穫しすぐ回復させるには最適で、長年多くの農家さんが愛用しその効果はコストを上回る事が多くリピーターの多い理由の一つです。


【指宿地区】
作物 作型 収穫時期 千代田使用時期 使用量
オクラ ハウス 4月〜6月 収穫後10〜14日ごと追肥 20kg / 10a
トンネル 6月〜7月
露地 7月〜10月
オクラ

花も綺麗で、黄色の花が咲きます。

オクラは、粘りがあり栄養価の高い作物です。

指宿の特産品です。


【北薩地区】
作物 作型 収穫時期 千代田使用時期 使用量
ソラマメ 露地II型 4月〜5月 2月中旬頃から2回程追肥 20〜40kg / 10a
実エンドウ II型
(中間地区)
3月〜5月 3月上旬から7日〜10日ごと追肥 20〜40kg / 10a
III型
(中間〜遅場)
4月〜5月 3月上旬から7日〜10日ごと追肥 20kg / 10a
春かぼちゃ トンネル 5月〜6月 4月頃 20kg / 10a
デコポン 露地 1月〜2月 収穫後 30〜40kg / 10a
【大隅地区】
作物 千代田使用時期 使用量
キュウリ 追肥 6kg〜7kg / 10a灌水施肥
(溶かして使用)
ピーマン
生姜 6月頃 20〜40kg / 10a
【県内全域】
作物 千代田使用時期 使用量
カンショ 育苗時、採苗の度追肥 20kg / 10a
カンショ

芋焼酎用の原料芋 “コガネセンガン”

さつま芋の品種で、でんぷん量が多い品種です。

原料芋ですが、普通に焼いて食べてもおいしい芋です。


※使用量は1回の施肥量です。作物の生育状況に応じて施肥量は調節して下さい。

詳しくはこちらをご覧ください。(481KB/PDF)

ヒノヒカリ栽培暦(川薩)

ヒノヒカリ栽培暦(川薩) トヨスターF BM苦土燐肥 米取物語332号 フミンホスカ12

取り扱い商品(川薩)お問い合せはこちら


■土作り:土壌改良資材
トヨスターF
合有成分分析例(%)
ケイ酸 苦土 石灰 マンガン ホウ素 有機物
15 32 10 25 5 0.1 12

アルカリ度40%

トヨスターF
効果
  • 高成分なケイ酸・鉄による健全な稲作り(良品質米の増収)。
  • 鉄は、硫化水素の発生を抑制し根腐れ防止。
  • 鉄・マンガンによる流亡しやすい老朽水田の改善。
  • 吸収されやすいケイ酸により稲体を硬くする。
■元肥:土壌改良材入り水稲一発肥料(側条施肥可能・穂肥不要)
米取物語332号
保証成分(%)
N P K
13 13 12
米取物語332号
合有成分例(%)
ケイ酸 苦土 マンガン ホウ素
3 15 2 2 0.05
効果
  • 窒素・リン酸・加里と土改材が同時に散布できるので省力的。
  • 長期間肥効が持続し、穂肥不要。
■調節肥:フミン酸入り肥料・食味向上
BM苦土燐肥
合有成分例(%)
リン酸 苦土 マンガン ホウ素
16 3.5 0.4 0.2
ハイピッチ32
効果
  • 上位葉を直立させ受光体勢を整えます。
    • ⇒ 未消化の窒素を消化します。
    • ⇒ 養分(デンプン)蓄積が促進されます。
  • 穂首分化期以降の第4節間の伸長抑制
    • ⇒ 倒伏防止の最大のポイント。
  • 水溶性のリン酸・苦土が早く効きます。
施肥量 40kg / 10a(反当2袋)
■穂肥:出穂37〜40日前(倒伏防止と増収のポイント)
フミンホスカ12
保証成分(%)
N P K フミン酸
12 12 12 15
BM苦土燐肥
効果
  • フミン酸(堆肥の主成分)によりリン酸は、土壌に固定されにくく作物に吸収されるます。
  • フミン酸は土壌中で堆肥と同じ働きをし地力の維持に役立ち、色調風味、品質が向上します。
  • 保水性・通気性をよくします。

取り扱い商品(姶良・伊佐・大隅)お問い合せはこちら


■大根、人参
園芸化成S250
保証成分(%)
N P K ホウソ
12 15 10 0.3
元肥:4〜6袋 / 追肥:1〜3袋
園芸化成S250
使用例・特徴
  • 窒素は流亡しにくく、吸収効率が良い、リン酸2アンモンが主原料でナタネ油粕が含まれる。
  • リン酸2アンモンに由来するリン酸は、火山灰土壌でも土壌に固定されにくく、健全な作物を育て、品質を高めます。
  • 加里は硫酸加里を使用してます。タバコの前後作にも安心して使用できる内容です。
  • 大根・人参など根菜類はもとより、各種(蔬菜類)や果樹、花類などにも使用できます。
■馬鈴薯、豆
ニトロ燐加 F333
保証成分(%)
N P K 苦土 ホウソ マンガン
13 13 13 2 0.1 0.2
元肥:3〜5袋 / 追肥:1〜3袋
ニトロ燐加 F333
使用例・特徴
  • 硝酸態チッソとアンモニア態チッソをバランスよく含んだ速効性の肥料です。
  • 土壌中に酸素を供給し根の生育や伸長を促進します。
  • ガス障害の心配がありません。
  • 低温時のマルチ、トンネル、ハウス栽培の生育促進や、永年作物の芽出し肥として効果的です。
■野菜全般
フミンホスカ特8号
保証成分(%)
N P K フミン酸
8 8 8 10
元肥:3〜5袋 / 追肥:1〜3袋
フミンホスカ特8号
使用例・特徴
  • 主原料はリン酸2アンモンとニトロフミン酸(堆肥の元)などで肥やけが少なく肥効が長続きします。
  • この肥料のリン酸は、土壌に固定されにくく、高い肥効を示し、作物の品質・収量を高めます。
  • ニトロフミン酸は微量要素を加溶化し、更に根の生長点を活性化するため、健全な作物を育成します。
  • 土壌の酸性化を防ぎ、ガス障害の心配もなく、安心して連用出来ます。
■白菜、キャベツ
葉菜配合15-15-15
保証成分(%)
N P K ホウソ マンガン
15 15 15 0.1 0.2
元肥:5〜6袋
葉菜配合15-15-15
使用例・特徴
  • 一発肥料。
  • 肥効調節型肥料。
  • アミノ酸入り。
  • 収量安定・品質向上。

  • 今日のお天気

取扱い商品

  • 肥料
  • 農薬
  • 資材関係
  • その他

長崎県 佐賀県 福岡県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県